尿素窒素を下げる薬

尿素窒素は腎機能の低下具合を示す数値ですので、特に治療を開始していない段階では尿素窒素を下げることのみを目的とした薬の服用は勧められません。

 

腎機能が低下しているならば、薬で一時的に尿素窒素の値をごまかしたとしても勝手に良くなることはないからです。

 

しかし腎機能が不可逆的に低下してしまっている場合、もはや腎臓の働きによって尿素窒素を十分に減らすことは期待できないため、尿素窒素の値によって人工透析を導入したり薬を用いて一時的に尿素を排泄させたりします。

 

尿素窒素を直接的に下げる薬としては利尿剤が最も基本的なものです。尿素窒素が血中に溜まる理由は尿と一緒に排泄されないからですので、利尿剤を用いて尿素の排泄を促進させます。

 

ただしこれは腎臓に仕事を強いていることに他ならず、腎臓の負担となる点は注意が必要です。腎障害が高度な場合は使うことができないことも多く、基本的に一時的な対処ということになります。

 

漢方薬もあるが・・・

 

漢方薬にも尿素窒素を下げるものが複数ありますが、どれも利尿効果によって尿素は移設を促すものです。特に漢方は体内の水の流れを重視していますので、滞留している水を排泄しむくみを取る漢方薬は数多くあり、むくみに効く漢方薬は大体尿素を減らす効果も持ち合わせます。

 

ただし、利尿剤と同じ欠点も持ち合わせているため、腎障害が高度な場合は自己判断での服用は止め、主治医と相談の上で服用するようにすべきです。

 

尿素窒素を下げるなら腎臓サプリが良い!